150,000部発行
2017年4月7日
通巻第247号
年間郵送購読料3,000円
稲毛新聞
 発行責任者/佐藤 正成  発行/(有)稲毛新聞社 〒263-0043千葉市稲毛区小仲台2-5-2 TEL043-256-4414(代)FAX043-256-4494
HOME Top News 連載・特集 地域一般 芸能・スポーツ 耳より情報 地域新着情報 読者の広場 インフォメーション おすすめリンク
連載・特集へ
 星霜録
 連載シリーズ(17)
 主張 今村敏昭
 今月の運勢
 市民ガイド
 今月の人
 随筆
 セイギくん
読者の広場へ
 読者アンケート
 読者の声
 投稿はこちらへ
 過去の記事検索
Informationへ
 会社案内
 購読申し込み
 お問い合わせ
最新の千葉市のニュース・話題・オトクな情報満載の携帯サイトはこちらからどうぞ!

熊谷市政の2期8年を検証する
破綻寸前の財政危機を乗り越えた功績

熊谷俊人市長
 平成21年6月に、全国最年少の31歳の若さで千葉市長に当選した熊谷市長。今年、39歳となった。今回は熊谷市長の2期8年間の市政運営を検証するとともに、千葉市政の方向性について、いろいろな話を聞いてみた。
 熊谷俊人氏が市長に就任早々ぶち上げたのは脱・財政危機$骭セだった。左のグラフ図の通り、当時の千葉市は将来負担比率が306・4%で政令市でワースト一位で破綻寸前だった。これを自らの報酬や職員の給与もカットし身を切る改革を行い大幅に改善し、現在は京都、広島を抜き18位に回復させた実績は大いに評価される。その他、待機児童の解消、医療・介護の充実やレッドブル・エアレースの誘致など、幕張新都心の国際都市としてのイメージを高めた。 【聞き手・佐藤 正成】
千葉と福島を繋ぐ交流イベント
 今年の3月11日で、東日本大震災は6年目を迎えた。千葉市の指定管理業者の(株)京葉美装の国吉晃甲社長は、現在福島から千葉市へ移住をされている方々が4千人であることと、6年目にどう復興支援に協力すべきか悩む人たちへきっかけづくりができればと思い、自社が管理業務を行う4カ所のコミュニティーセンターで、3月1日から26日まで千葉と福島を繋ぐ交流イベントを行った。
森田健作氏が大差で3選 千葉県知事選挙
■ 本紙PDF版のダウンロードはこちらからどうぞ
◆ 2017年4月号 1面と8面のダウンロード
◆ 2017年4月号 2面と3面のダウンロード
◆ 2017年4月号 4面と5面のダウンロード
◆ 2017年4月号 6面と7面のダウンロード
ADOBE READER のダウンロードはこちらからどうぞ
■ 地域一般ニュース
◆ 第22回千葉元気印企業大賞表彰式
◆ 千葉みなと病院、新築移転
◆ 千葉市美浜区倫理法人会設立25周年
■ 芸能・スポーツニュース
◆ 千葉からオリンピック・パラリンピックを盛り上げよう!
◆ QVCマリンフィールド今月の試合
新曲紹介
歌・永海 千恵子
作詞・鈴木 茂男/作曲・神谷 克司/編曲・大場 吉信
歌・金子竹千・鈴木美知子
作詞・鈴木茂男/補作・みうらきわ/作曲・神谷克司/編曲・山中博
■ 首都圏秋田県人会連合会ホームページへ
耳より情報へ
 □耐震工事も地元の(有)マイケン
 □千円で昼カラオケ「モンパヴェ」
 □口が乾く?! 口腔乾燥症とは
  地域新着情報へ  
 □2017年 春の全国交通安全運動
  その他のニュースへ  
 □論壇 成田市 上田 真弓
 □「稲毛新聞」をお気に入りに登録する
  おすすめリンク