130,000部発行
2018年5月4日
通巻第260号
年間郵送購読料3,000円
稲毛新聞
 発行責任者/佐藤 正成  発行/(有)稲毛新聞社 〒263-0043千葉市稲毛区小仲台2-5-2 TEL043-256-4414(代)FAX043-256-4494
HOME Top News 連載・特集 地域一般 芸能・スポーツ 耳より情報 地域新着情報 読者の広場 インフォメーション おすすめリンク
連載・特集へ
 星霜録
 連載シリーズ(7)
 主張 入野守雄
 セイギくん
 随筆
 短編小説
 「きさってぃ」
 市民ガイド
 今月の人
読者の広場へ
 読者アンケート
 読者の声
 投稿はこちらへ
 過去の記事検索
Informationへ
 会社案内
 購読申し込み
 お問い合わせ
最新の千葉市のニュース・話題・オトクな情報満載の携帯サイトはこちらからどうぞ!

「稲毛陵苑」建築基準法違反か!?
千葉市、明確に回答できず
 毘沙門堂が経営する「稲毛陵苑」の敷地が宅地であったときの固定資産税の課税漏れがあったのではないかとの疑いについては先月号で既報のとおりであるが、今度は「稲毛陵苑」の建物に建蔽率を超えているのではないかとの疑惑が浮上した。関係者は適正手続をとったと主張しているが具体的回答はなく、市の担当者からも明確な説明を得られていないままだ。一方で毘沙門堂は、反対派の住民を「営業妨害」を理由に新たに千葉地裁に提訴した。【文・武田弥太郎】
熊谷市長の責任は重大
地域住民の要望に応える必要

ひさしの部分が基準法違反?
 稲毛西口の毘沙門堂「稲毛陵苑」をめぐる問題が泥沼化している。手続きを踏み、基準をクリアした書類が出されれば、どんなに反対運動が激しくても、行政には認可や許可を行う義務がある。行政の担当者は定められたマニュアルにそって事務を進めることしかできないし、そのマニュアルも国から降りてきたものであることが多い。
問題は解決したと虚偽の電話
自衛隊、パワハラも隠蔽
上司の自衛官の部下の自衛官に対するパワハラの通報を受けた自衛隊が、そのもみ消しと隠蔽に走った事実が明らかになった。
5月26日(土)・27日(日)・レッドブル・エアレース開催
■ 本紙PDF版のダウンロードはこちらからどうぞ
◆ 2018年5月号 1面と8面のダウンロード
◆ 2018年5月号 2面と3面のダウンロード
◆ 2018年5月号 4面と5面のダウンロード
◆ 2018年5月号 6面と7面のダウンロード
ADOBE READER のダウンロードはこちらからどうぞ
■ 地域一般ニュース
◆ 千葉公園の真鴨の親子 雛がカラスの餌食に
■ 芸能・スポーツニュース
◆ QVCマリンフィールド今月の試合
新曲紹介
歌・永海 千恵子
作詞・鈴木 茂男/作曲・神谷 克司/編曲・大場 吉信
歌・金子竹千・鈴木美知子
作詞・鈴木茂男/補作・みうらきわ/作曲・神谷克司/編曲・山中博
■ 首都圏秋田県人会連合会ホームページへ
耳より情報へ
 □暑さ対策も地元の工事店
 □読者へ 赤尾由美「愛の右翼・赤尾敏」
 □ホワイトニング
  地域新着情報へ  
 □脳ドックの助成額は上限1万円
  その他のニュースへ  
 □論壇 マスコミに煽動されるな
 □「稲毛新聞」をお気に入りに登録する
  おすすめリンク