130,000部発行
2020年11月6日
通巻第290号
年間郵送購読料3,000円
稲毛新聞
 発行責任者/佐藤 正成  発行/(有)稲毛新聞社 〒263-0043千葉市稲毛区小仲台2-5-2 TEL043-256-4414(代)FAX043-256-4494
HOME Top News 連載・特集 地域一般 芸能・スポーツ 耳より情報 地域新着情報 読者の広場 インフォメーション おすすめリンク
連載・特集へ
 想い出の人
 櫻井俊雄物語(6)
 主張 入野守雄
 今月の4コマ漫画
 随筆
 市民ガイド
 今月の人
読者の広場へ
 読者アンケート
 読者の声
 投稿はこちらへ
 過去の記事検索
Informationへ
 会社案内
 購読申し込み
 お問い合わせ
最新の千葉市のニュース・話題・オトクな情報満載の携帯サイトはこちらからどうぞ!

知事選、千葉市長選、来年3月同日選挙へ
鈴木大地氏、出馬辞退の不可解
 千葉県知事の任期満了は来年四月四日で、千葉市長の任期満了は来年六月十三日。前例によれば、千葉市長選挙は五月九日(日)告示、二十三日(日)投開票になるはずだが、現職の熊谷俊人市長が知事選への転出を表明したことで、三月十一日告示、二十八日(日)投開票が見込まれている知事選と同じ日に市長選が行われる公算が高くなってきている。知事選は現職の森田知事が不出馬の方向で、自民党は習志野市出身の前スポーツ庁長官の鈴木大地氏の擁立作業を進めていたが、鈴木氏は後見人の森喜朗元首相の強い反対にあって、出馬辞退に追い込まれた。千葉市長選には小川智之市議が立候補を表明しているほか、熊谷市長が前副市長の神谷俊一氏を事実上の後継指名して、物議をかもしている。     【文・武田弥太郎】
接種希望殺到でクリニック悲鳴!
 インフルエンザワクチンが十分に確保できないのに市が助成対象を6か月の乳児以上のほぼ全市民に拡大したことで、市内のクリニックに衝撃が走っている。先月号では、市医師会の幹部にも周知されないまま市が助成を決めて発表したと報じたが、その後、市内のクリニックでは接種希望者の来院や問い合わせが殺到していることがわかった。クリニックではかかりつけの患者さんの分を確保するため、新規来院者には接種を断るところが出始め、すでに全量を接種に使ってしまったところもあって、一部ではパニック化しているもようだ。
皆様に支えられて苦節25年
稲毛新聞社代表取締役 佐藤 正成
■ 本紙PDF版のダウンロードはこちらからどうぞ
◆ 2020年11月号 1面と8面のダウンロード
◆ 2020年11月号 2面と3面のダウンロード
◆ 2020年11月号 4面と5面のダウンロード
◆ 2020年11月号 6面と7面のダウンロード
ADOBE READER のダウンロードはこちらからどうぞ
■ 地域一般ニュース
◆ 東署、無理やり反則キップか〜否認調書作らず勝手に処理
◆ ネット通販詐欺の実態〜海外詐欺集団の暗躍か
■ 芸能・スポーツニュース
◆ 健大高崎が2年連続優勝〜高校野球秋季関東大会
◆ ZOZOマリンフィールド今月の試合
新曲紹介
歌・永海 千恵子
作詞・鈴木 茂男/作曲・神谷 克司/編曲・大場 吉信
歌・金子竹千・鈴木美知子
作詞・鈴木茂男/補作・みうらきわ/作曲・神谷克司/編曲・山中博
■ 首都圏秋田県人会連合会ホームページへ
耳より情報へ
 ■床暖房で冬を快適に! (有)マイケン
  地域新着情報へ  
 ■クラスター未然防止に
  その他のニュースへ  
 ■随想 校歌を考える
 ■「稲毛新聞」をお気に入りに登録する
  おすすめリンク