130,000部発行
2020年11月6日
通巻第290号
年間郵送購読料3,000円
稲毛新聞
 発行責任者/佐藤 正成  発行/(有)稲毛新聞社 〒263-0043千葉市稲毛区小仲台2-5-2 TEL043-256-4414(代)FAX043-256-4494
HOME Top News 連載・特集 地域一般 芸能・スポーツ 耳より情報 地域新着情報 読者の広場 インフォメーション おすすめリンク
連載・特集へ
 想い出の人
 櫻井俊雄物語(6)
 主張 入野守雄
 今月の4コマ漫画
 随筆
 市民ガイド
 今月の人
読者の広場へ
 読者アンケート
 読者の声
 投稿はこちらへ
 過去の記事検索
Informationへ
 会社案内
 購読申し込み
 お問い合わせ
最新の千葉市のニュース・話題・オトクな情報満載の携帯サイトはこちらからどうぞ!

クラスター未然防止に
苦しむ飲食店経営者
 写真を見てほしい。十月中旬の千葉銀座通りに面した飲食店の様子。この店でバイトしている学生らしい女性が友人を引き連れて大盛り上がり。「完璧な密」を作り上げて大声で談笑している。フロアのバイトらしき女性はたった一人でてんてこ舞い。騒いでいる女性は先輩らしく、注意もできないありさまで、他の客にひたすら「すみません」と謝るばかり。店内は満席状態だったから、厨房の男性2人はフロアのことにかまっていられないほどの忙しさで、注意に出てくるいとまもない。へたに注意してバイトを辞められると困る弱みもあるから悩ましいそうだ。だが、騒ぐ客をたしなめる立場の女性従業員が客としてくるなら、「注意を受ける飲み方」をすべきではないのだけは確かだ。おとなしく飲むのはつまらないだろうが、コロナクラスターを招いてはいけない。自覚を持たないといつまでたっても感染封じ込めは実現しないと感じられた。

フロントページへ このページのトップへ


耳より情報へ
 ■床暖房で冬を快適に! (有)マイケン
  地域新着情報へ  
 ■クラスター未然防止に
  その他のニュースへ  
 ■随想 校歌を考える
 ■「稲毛新聞」をお気に入りに登録する
  おすすめリンク