130,000部発行
2020年11月6日
通巻第290号
年間郵送購読料3,000円
稲毛新聞
 発行責任者/佐藤 正成  発行/(有)稲毛新聞社 〒263-0043千葉市稲毛区小仲台2-5-2 TEL043-256-4414(代)FAX043-256-4494
HOME Top News 連載・特集 地域一般 芸能・スポーツ 耳より情報 地域新着情報 読者の広場 インフォメーション おすすめリンク
連載・特集へ
 想い出の人
 櫻井俊雄物語(6)
 主張 入野守雄
 今月の4コマ漫画
 随筆
 市民ガイド
 今月の人
読者の広場へ
 読者アンケート
 読者の声
 投稿はこちらへ
 過去の記事検索
Informationへ
 会社案内
 購読申し込み
 お問い合わせ
最新の千葉市のニュース・話題・オトクな情報満載の携帯サイトはこちらからどうぞ!

健大高崎が2年連続優勝
高校野球秋季関東大会
 秋季高校野球関東地区大会が千葉市稲毛区の県営天台球場など3会場で東京都を除く関東各県からの代表校が集まり行われ、群馬県代表の健大高崎が優勝、来春甲子園球場で行われる春のセンバツの出場を確実にした。1日に県営天台球場で行われた決勝戦では茨城県の常総学院と対戦、延長11回の激闘の末9ー7で勝ち2年連続で関東制覇。地元千葉県勢は秋季県大会優勝の木更津総合、準優勝の東京学館、3位の専修大松戸の3校が出場、木更津総合は優勝候補と目されたが初戦で茨城の常総学院に9ー1で敗戦。初出場の東京学館も初戦で栃木の国学院栃木に1点差で敗れた。専修大松戸は初戦に茨城県の鹿島学園に8ー0で快勝、続く準々決勝でも神奈川県の鎌倉学園に6ー0で勝利、準決勝で優勝した健大高崎に敗れたもののベスト4に進出、来春のセンバツ出場が有力となる活躍を見せた。新型コロナウイルスの影響で原則無観客で行われ、ブラスバンド等の応援も無く、例年とは違った風景の中で行われた今大会。春、夏に続き開催を危惧する声もあったが、健大高崎のV2で無事に幕を閉じた。

◆決勝・県営天台球場
健大高崎(群馬)
31001000202=9
00001150000=7
常総学院(茨城)

フロントページへ このページのトップへ


ZOZOマリンスタジアム今月の試合
マリーンズのスケジュールはこちらからどうぞ

フロントページへ このページのトップへ


耳より情報へ
 ■床暖房で冬を快適に! (有)マイケン
  地域新着情報へ  
 ■クラスター未然防止に
  その他のニュースへ  
 ■随想 校歌を考える
 ■「稲毛新聞」をお気に入りに登録する
  おすすめリンク